ロンブー淳がカリフォルニアでベンチャー支援会社を設立。会社概要とアメリカ設立の理由

ロンブーの淳さんが【BE BLUE VENTURS】という会社を設立。

報道では5人の共同代表とありますが、代表は別にいて小野里晃さんという方。ロンブー淳は共同創立者として登録されています。

共同創立者は以下の通り
・荒井三之進さん
・伊佐山元さん
田村淳さん
・長岡宏一さん
・永守秀章さん

他にも出資者兼アドバイザーとして
・谷恒三郎さん
・鳩山玲人さん

事業内容は新規事業開発、コンサルティング、ベンチャー支援など。

具体的には投資とゲーム開発支援をあげています。

が、とりあえず面白いことであれば分野を特定しないで事業を展開してくということ。

名前の由来は”無限のオーシャンブルーで何でも試してみよう”という想いを込めたそうです。

ブルーオーシャンは直訳すると紺碧の海(こんぺきのうみ)ですが、ビジネスの世界では競争相手のいない未開拓分野で事業を進めていこうという戦略の一つ。

その反対はレッドオーシャン、ライバルがうようよいる海(ビジネス)の世界です。

STORE-MIX

ロンブー淳は自称-運動神経ほぼゼロだそうですが大のゲーム好きで、3D対戦ゲーム「ハチャメチャ STARJAM」の開発に参加。

発売前からすでに10万人以上の人が事前登録されています。

日本のゲーム市場というとある意味飽和状態で常に新しいアイディアがないとメガヒットなどは望めません。どんどん新作が出てきて一度波に乗れないとレッドオーシャンに埋もれるだけです。

またゲームに対して”おたく”的なちょっとネガティブなイメージが日本では浸透しているのでマーケットは小さくなりつつあります。

実際【BE BLUE VENTURS】をアメリカで企業した理由に市場を日本国内に限定する時代は終わり、世界を舞台に進めていくとしています。

しかし、欧米や他のアジアの国々ではゲームをeスポーツとして実際のスポーツに負けないほどの賞金が提示されるなど、認知度がとても高くオリンピック種目としても検討されいます。可能性は低いような気がしますが。。。

でも淳さんは青山学院大学を目指している受験生。大学院受験の為にはゲームはしばらくはお預けのようです。

関連記事
ロンブー淳ずっとメガネの理由はドライアイ?ブランドや原因


STORE-MIX

Posted by MIC