保坂尚希さんが元妻、高岡早紀さんと離婚した理由。子供の親権と早紀さんの現在

保坂尚希さんと高岡早紀さんは1996年に結婚、8年目の2004年に離婚しています。
二人は付き合って4ヶ月で結婚しました。
高岡早紀.png
二人の間には二人の息子がいて長男は1999年に、次男は2000年に生まれています。

離婚のきっかけは高岡早紀さんの不倫

不倫の相手はギタリストの布袋寅泰さんでした。

2004年に早紀さんが布袋寅泰さんと二人きりでバーにいてキスしているところを雑誌フライデーがキャッチ。

このことがきっかけになってすぐに離婚届けを提出したそうです。

しかし、布袋寅泰さんとの関係はこの夜だけの話だったらしく、実は保坂尚希さんと高岡早紀さんの結婚生活はそれ以前に崩壊寸前だったようです。

スポンサーリンク


高岡早紀さんは24歳で結婚、保坂さんは早紀さんが2児の母親となった後でも、母親であるより、女としての部分を強く保持していたのでしょう、とコメント。

布袋寅泰さんとのことは”きっかけ”に過ぎず、遅かれ早かれ離婚は避けられない状況だったことも告白しています。

高岡早紀さんにはたくさんの熱愛報道がされていますが、タイプはまったくばらばら、男性を引き込む魅力があるのか”魔性の女”などと呼ばれることもしばしばあります。

離婚して完全に別居するまでに6ヶ月

二人は高岡早紀さんと布袋寅泰さんのスクープ写真が発売される2日前に、事態を予想してか、覚悟が決まっていたのか、すでに離婚届を提出していたようです。

しかし、保坂さんの意向でいきなり父親がいなくなるのは子供たちによくないと、6ヶ月の準備期間を設けて徐々に離れていったそう。

当時上の子は5~6歳だったはずですから、きちんと理解させる必要があったのでしょう。

保坂さんは責任感のあるとても強い方ですね。

親権は保坂さんの方にありましたが、結局は保坂さんが家を出る形をとったそうです。当時2億円とも言われた豪邸も無条件に譲渡し、子供達をも早紀さんに預けたのは、すべて子供ためだったよう。

スポンサーリンク

早紀さんの現在と二人の息子

高岡早紀さんは離婚後も多くの男性との熱愛報道がされていましたが、2010年に青年実業家と事実婚となり、娘さんを出産。

しかし、2年後の2012年には金銭トラブルから事実婚を解消

その青年実業家の彼は早紀さんの母親の名義を借りて会社を設立、しかし事業はうまくいかなくなり倒産、多額の借金をして姿を消したようで、早紀さんはその後処理をするハメに。

利用されただけ、だとあとからコメントしていました。

現在は2014年から外食産業ダイヤモンドダイニング社長の松村厚久さんとお付き合いされていて、結婚の話はないものの順調にいっているようです。

息子さん二人はどちらも現在ハワイへ留学中で、上の子は20歳、下の子は18歳。

下のこの親権はまだ残っているようですが、インスタグラムなどや日本テレビのアナザースカイなどで仲のいい親子関係が映し出されていました。

46歳には見えないとても綺麗な高岡早紀さん、”魔性の女”としての男性遍歴はありますが、近年は落ち着いているようで、これからはまた別の魅力が出てくるのではないでしょうか。まだまだ活躍が期待されますね!

<<読まれている記事>>
⇒【年商10億円】保坂尚希の【保坂流】通販コンサルタント
⇒米倉涼子とライフノート代表・太田靖宏の出会いと別れ
⇒花田光司(貴乃花)と宮沢りえさんが別れてしまった理由
⇒青木さやか年下ダンサーとの離婚の原因と元旦那・柳本雅寛さんプロフィール
⇒満島ひかりの弟、満島真之介、ひかりさん元マネージャーと離婚していた
⇒水嶋ヒロ2018年現在の顔も変わらずイケメン。オーガニック製品へのこだわり

スポンサーリンク


Posted by MIC