欠けた茶碗や食器を使うことに対して縁起が悪いと言われている理由は?

回答 根拠となる話しの説はいくつかありますが、引き出物や香典などに用られることからという説があります。

 

茶碗や食器は毎日使うもので、冠婚葬祭のお返しなどに用意られることも多いことから「魂が宿っている」そんな風に言われています。

茶碗や食器は毎日使うもので、ある意味自分の分身みたいな存在として扱われることもあります。

 

今は大量生産で安く手に入る茶碗や食器ですが、昔は職人さんが使う人の個性を考えて丁寧に魂を込めて作っていました。

 

なのでその食器が欠けたり割れたりすると、昔から何かしらの暗示があると伝えられていたわけです。

スポンサーリンク


実際お皿やお気に入りのカップが割れたりすると、「なんかの前触れかな」と思ったことがある人もいるでしょう。

 

「魂」という言葉に特別な思い入れをする日本ならではの考えかもしれませんね。

 

割れたり欠けたりした食器は使ってはいけないというわけではありませんが、単純に手元や口元を切ったりする可能性もありますし

 

切り傷から何かに感染して大きな事にもなりかねません。昔の日本人は農耕民族ですから切り傷があれば満足にクワを扱うことも難しいですし、

 

実際、感染などがあったのかもしれません。それから死に至ってしまったなど。

 

割れた茶碗や食器の捨て方に理想的な方法は?

基本的には捨てるのが理想ですが思い入れがあったり、愛着があるものに関しては、供養する事がおすすめされています。

 

日本の寺や神社などには食器を供養する所もあります。というかお願いすればほとんどの神社でやってくれるようです。

 

そこで供養する事で良い年を迎えられると言われています。お焚き火をやっている神社や寺など探してみるといいでしょう。

 

 

さらに欠けた茶碗や割れた食器を再利用する方法があります。

 

それは、食器として使うのではなく、園芸用品として使う事です。

 

外で使うことによって、家の中に邪気が残るわけではないですしおすすめです。

 

植木や花壇などに使うことによって、家を守ってくれるとも言われています。

 

 

さらに縁担ぎとして大事な日に欠けた茶碗や割れた食器を玄関先で落とし割る。そうすることで邪気を払って運気が上向くという説も。

これは別れた人の物や気にいらない人と別れるのによく使った手法とされています(笑)塩撒きのような感じでしょうか。今でも行っている地域や人はいると聞いたことがあります。

 

例えですがそういう再利用方法もあります。

スポンサーリンク

欠けた茶碗や食器を生き返させる技術「金継ぎ」とは

欠けた茶碗や食器、処分する方法や違う用途で再利用のアイディアもありますが、蘇らせるという選択肢もあります。それが「金継ぎ」または金繕いという技術。

 

金継ぎというのは「金繕い」とも呼ばれ、木の樹液のひとつである「漆(うるし)」を使い、壊れた器を修理する技法です。

 

金継ぎを業者に頼む場合の相場はだいたい3200円から20000円程度。値段は割れか欠けかによって異なる他、ひびや欠け、割れの部分のサイズ(20mmから30mm単位)によって異なります。

 

掛かる期間は約3カ月で、理由としては漆が乾くのに時間が掛かるからだと言われています。金継ぎは金継ぎ師と呼ばれる職人さんや、漆器職人が手掛けます。

 

ちなみに自分でする場合の費用は相場で7500円から8500円程度で、ホームセンターで手に入ることができます。

金継ぎで生活の質は上がる

金継ぎできる素材には、お皿や急須、ポットなどの陶磁器や漆器が挙げられます。

 

ただし、土鍋など直火・電子レンジを使うものに対しては金継ぎできません。

 

理由は、熱が加わると金がスパークするから。また、コップなどのガラスは漆(うるし)と相性が悪く、漆が取れやすいという理由で金継ぎに向いていないので業者によっては対応が出来ないところがあります。

 

よく、「欠けた食器は運気を下げる」「欠けた食器は縁起が悪い」などと言われていますが、個人的にはせっかく大切にして来た食器だから、

 

「捨てずに修復して使い続ける」のもいいことだと思います。

 

金継ぎという技術で「一つの物を大切に、長く、安心して使う」これはこれで私達の人生の質を高めてくれるのではないでしょうか。

 

この金継ぎは日本独自の技術で出来るだけ多くの人が利用して金継ぎが衰退しないことを願います。

スポンサーリンク

Posted by MIC