炭酸ばっかり飲んでると歯が溶けるはあながち嘘でもない

ほんのひと昔前、歯を炭酸に、例えばコーラとかに一晩中つけておくと溶けると言われていたようです。結構信じられていたようですよ。

ただ一晩で、とは言いませんがでも炭酸が歯を痛めるのは本当のことです。これはphレベル(酸性とアルカリ性のレベル)が偏ってしまうからです。

スポンサーリンク

炭酸はphレベルを狂わすのにもってこい


人の体ってうまいこと出来てるもので、このphレベルをちょうどいい具合に保とうとしてるんですね。phレベルは0~14の間で測定されていて、その中間の7が一番いい状態、口の中は普通6.5~7.2くらいの間をうろうろしています。

歯がむしばまれるのはバクテリアが活発に増殖して攻撃されてしまう為。そのバクテリアは砂糖(糖分)を栄養源しているので炭酸ドリンクに含まれている糖分とその酸性の組み合わせで、まるで「パーディーだぜぇ」と言わんばかりに口の中で踊りだすのです。

炭酸ドリンクはphレベルを狂わすのにもってこいの代物なんですね。でもさっきも言ったように、私たちの体はうまいこと出来ていて30分から1時間くらいでそのレベルをまた元に戻してくれます。


でも逆にいうと30分から1時間はバクテリアパーティ―が口の中で催されていて、それが一日に何回もあったらどうでしょう。体の回復機能も「追いつけんわっ」ということで歯はむしばまれていくわけです。

歯は人間の体でいっちばん硬い組織


歯って4層構造で基本は成り立っています。下から根っこ、歯髄(神経)、象牙質、エナメル質ですね。一般的に鏡で見る歯はエナメル質で人間の体でいっちばん硬い組織です。骨より硬い。


しかしそんな硬い硬いエナメルも、バクテリアにはかないません。バクテリアは酸をこれでもか、これでもかと排出してエナメルはやられていきます。(ここで賛否両論があるのですが、この一番上のエナメル質、研究者によっては体が勝手に修復してくれる、または回復できないの意見があります。)

バクテリアは別に一番上にあるエナメル質から順番に攻めているわけじゃなくて、歯茎の隙間から入り込んで、どの部分でも攻めまくります。

気づけばエナメル質のしたに虫歯がっ、みたないことが起こっているわけです。中の虫歯を削り落とすにはエナメル質を削らなければない状況になるわけですね。

最近はノンシュガーの炭酸ドリンクが増えてきたので、バクテリアは前よりはパーティーを開くことは出来ない状況にあります。

しかし、炭酸という酸性の物質が口の中のphレベルを乱してしまう事実は変わりません。そしてエナメル質は硬いわりには酸には弱く、phレベルが5.5以下になった途端に浸食されていくのです。

2つの敵、酸とバクテリア

歯には2つの敵がいるんですね。酸とバクテリア。

ある調査では炭酸ドリンクが歯に与えるダメージは他の強い薬物乱用と同じくらいの威力があるとのこと。

びびりの僕はもうこれから炭酸ドリンクを飲む気になれません。。。

しかししかし、そこまで身構える必要はなく、歯医者さんは炭酸ドリンクを飲むときはストローを使うといいと提案しています。

そして炭酸を飲んだあと、水でうがいしてすぐさまphレベルが元に戻るようにしてあげれば、そこまで炭酸ドリンクに神経質になる必要はないと言っています。

なるほどぉ。

エナメル質は骨より硬いのは事実ですが、骨のように自分自身で内側から治癒するような力は残念ながら持ち合わせていません。でも研磨剤ではなくて、フッ素が入った歯磨き粉で歯ブラシをすることで外側から守ることは可能だっ!というわけです。

僕はファンタとかコーラとはあまり飲みませんが、結構スパークリングウォーターが好きで、たぶん油っこいものをたくさん食べた時なんかによく飲むような気がします。

糖分が入ってないからいいやと油断せず、炭酸を飲んだあとはこれから、水を飲むか可能ならうがいをしようと思います。

参照

https://health.howstuffworks.com/wellness/oral-care/problems/what-wears-down-tooth-enamel.htm
https://www.nidcr.nih.gov/research/data-statistics/dental-caries
https://www.youtube.com/watch?v=K-nPxBF24wM&list=PLb26h6s-byHajARd6NNXsLN67jN7gfzKO&index=6

Posted by MIC