ヨーロピアンが傘をさしたがらないと言われている理由って?

・傘は贈り物として縁起がいいと言われている理由について

「傘」から連想する縁起の良いことといえば、「傘寿のお祝い」80才のお祝いです。

 

「傘」という漢字を略すと「人」の下に「十」と書きますが、それが数字の「八」と「十」に見えることから、80才の長寿を祝う言葉となったそうです。

 

また、傘を広げたときの形(上がすぼまって下が広がった形)や、傘を広げるときの傘の形の変化(だんだん広がっていく様子)が「末広がり」を連想させることからも、

 

「縁起が良い」という印象が広がっていき、贈り物として傘が喜ばれることになったと言われています。

スポンサーリンク

中国では傘は縁起が悪いと言われているの理由

 

日本では「縁起が良い」として喜ばれる傘ですが、中国では逆に縁起が良くないものとして考えられています。

 

その理由は「傘」の発音にあり、「雨傘」は中国語では「ユーサン」と発音しますが、これが「離散(リーサン)」や「解散(ジエサン)」などの「散(サン)」という言葉を連想させ、縁起の良くないものとして定着していったようです。

 

日本でも、特に結婚式では「別れる」「離れる」は禁物ですが、中国でも同じように「別れる」「離れる」「バラバラになる」という意味の「散(サン)」は、縁起が悪いものとして敬遠されてしまうものになっていったようです。

 

スポンサーリンク

 

ヨーロピアンが傘をさしたがらないと言われている理由

 

小雨が降り始めると、日本ではたいていの人はすぐに傘をさしますが、欧米ではあまり傘をさす人がいないというのは本当でしょうか。

 

実際、欧米を旅行した人に話しを聞くと、土砂降りの雨では傘をさす人も多いですが、少しくらいの雨ではあまり傘をささないようです。

 

傘よりも帽子やウィンドブレーカーを着てやり過ごす人、レインコートで済ませる人など様々ですが、その背景には気候の違いも関係しているようです。

 

日本は湿気が多いため、雨に濡れてしまうと、服も髪もびしょびしょになり、雨が上がったとしても自然に乾くことはありません。

 

一方欧米では比較的湿気が少ないため、ちょっとくらいの雨ならば、たとえ濡れてしまってもそのまま自然に乾くことが多いようです。そのため、日本に比べると傘をさす人が少ないということです。

 

傘といえば「すぐ壊れる」「どこかに置き忘れる」という理由から、ここ10年くらいビニールがさを使っている私ですが、今回、「傘は縁起物として重宝されている」ということを改めて知ったことで、これからはちょっと質の良い傘を大事に使っていきたいな、と思いました。

 

スポンサーリンク


出先で雨に遭い、しかたなくビニル傘を買う。捨てるのも惜しくて傘立てに置いておく。それがどんどん繰り返されて、十数本の傘がある・・・ということもよくあると思います。

 

最近、レジ袋やストローの削減で環境対策ということが叫ばれていますが、ビニル傘の不法投棄のほうが、よほどに邪魔・危険・環境に悪いと感じています。

 

また、傘を廃棄するときは、雨よけ部分を骨と分けてゴミ捨て場に置かないとならず、かなり面倒くさいものがあります。

 

そのため、再利用したいのですが、2つほどアイデアがあります。

 

傘の再利用アイディア

 

1つは、傘の骨を使ったタオルハンガー。

作り方は簡単です。傘の雨よけ部分をきれいに外して、骨をきれいに拭きます。
それから、骨のつなぎ目をビニルテープなどで補強します。

基本的に室内利用なので、露先(骨の先端部分)が危ないので、油粘土やピンポン玉などを突き刺してカバーしておきます。

さかさにして突っ張り棒に、傘の柄をひっかけます。

骨にタオルをかけて干せば、りっぱなタオルハンガーです。

タオルハンガーの特徴は、たたんでしまえるところ。普段使いではなく、洗濯物が多すぎてハンガーが足りなくなってしまったときに重宝するでしょう。

また、外干しするときは、干す位置が自然と下のほうになるので、その他の洗濯物にぶつからず、じゃまにはなりません。

露先のカバー部分は、いろんなデザインにしてオリジナリティを出すと面白いかもしれません。

もう1つは、傘で作ったパッチワーク。

傘を捨てるとき、わざと雨よけの布・ビニルは取っておきます。それをためこんでおいて、一定数になったら、好きなデザインで縫い合わせるんです。

雨よけのデザインって、きれいなものが多いですよね。

これを色とりどりに縫い合わせたら、もう立派なパッチワークアートです。雨よけパッチワークの特徴は、撥水性があるところ。

ピクニックの敷物にしてもいいし、お出かけのときの風呂敷替わりにもなります。
日よけにもなるかもしれません。

自分のセンスを発揮できる、おもしろい再利用方法だと思います。

羽毛布団の寿命は10から15年 洗う必要は無し!陰干しとカバーの手入れで十分
水っぽい。冷凍保存したアボカドは料理して食べると割り切るべし!
賞味期限が1ヶ月過ぎたヤマザキのホワイトデニッシュを食べた。。
いたずらっ子よりも難しい遠慮する子供への配慮

Posted by MIC