小学生の自立と時間へ責任感を考えるならスマホより腕時計 アナログがいい!

【小学生から腕時計を持たせるメリットとは?】

皆さんが初めて腕時計を持ったのは
いつ頃からでしょうか?

おそらく、小学生からという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも自分の子供には
いつ頃から持たせようか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

今回は、腕時計を持たせるメリットや
人気の腕時計をご紹介したいと思います。

小学生から腕時計を持たせるメリットとは?

「○○時までには帰ってきてね!」

そう約束したのになかなか帰って来ない・・・。
そんな経験をされた方は多いのではないでしょうか。

私の息子も1年生の時は
一度も約束した時間に帰って来る事はありませんでした。

習い事に間に合いそうもなく
何度も自転車や車を使って探しに行ったものです。

子供って夢中になると
時間を忘れてしまう事もよくありますよね。

時計の読み方もまだ完全に習得していなかった我が家の息子は
まずクルクル指で回せる時計で読み方を練習しました。

でもそろそろ約束した時間を守ってほしいと思ったのと
時間を意識してほしかったので
腕時計を持たせてみる事にしました。

新し物好きな息子は
すぐに欲しい!と言ったので
一緒にネットで腕時計を選びました。

息子はその時
サッカーが好きだったので
スポーツタイプの時計を選びました。

初めて持つ自分で選んだ腕時計が
とても気に入ったようで
届いてからは何度も時計を見ては時間を報告してくれました。

そして放課後
遊びに行く時に鐘が鳴る時間より少し早い時間に
帰って来るよう約束しました。

今度は約束を守れるかなと
ドキドキしながら帰宅を待っていました。

そして約束の時間・・・。

約束の時間から5分程過ぎた時間に
なんと帰って来たのです!

これぞ腕時計効果!

公園で遊びながら
ちらちら時間を気にして見ていたようです。

それからは5分から10分位
遅れる時はありましたが
だいたい約束の時間には戻って来れるようになりました。

腕時計を持ってからは
完全に習得していなかった時計の読み方も
完璧になって来ました。

やはり時間を意識させる事は
早く読み方を習得する近道にもなりましたし
自分の行動に責任を持たせるきっかけにもなりました。

我が家の息子には
このやり方が合っていたようです。

持たせるならどんなのがいい?人気の腕時計をご紹介

いざ腕時計を持たせようと思っても
どんなものがいいか悩みますよね?

私の息子はカシオのスポーツギアというもので
約3000円程しました。

文字盤の見やすさと
デザインの良さ、大きさも大き過ぎずで
とても使いやすそうです。

他に男の子に人気なのは
VOEONSとHONHXというシリーズです。

文字盤はVOEONSの方は
アナログとデジタルの両方がついており
少し大きめで存在感があります。

時計の読み方の練習にも
最適ですね。

HONHXの方は
デジタル式でLEDライトが7色に光るようです。

ストップウォッチやアラーム機能も付いていて
お値段も1300円程の所もありお手頃です。

女の子はCACTUSやTIMEXが人気のようで
どちらもアナログタイプで
デザインもとてもかわいらしいです。

お値段は大体3000円前後のものが多く
文字盤は小さめですが
見やすいと思います。

最近は男女共に人気なのは
ラコステの腕時計のようです。

お値段は5000円ちょとと
少しお高めではありますが
豊富なカラーバリエーションとデザインの良さでとても素敵です。

私も息子が高学年になったらプレゼントしたいなと思う程
スタイリッシュで、中学生や高校生になっても使えるデザインです。

最初はちゃんと使ってくれるか分からないようでしたら
安価で1~2年程持てばいいかな?と思えるものから始めてもいいと思います。

スポーツをされているお子様には
少しお値段が高くても
耐久性や防水機能が付いているものもオススメです。

やはり一番は
お子様が気に入ったものが一番だと思うので
一緒に選ばれるのがいいかなと思います。

お気に入りのものだと
テンションも上がりますからね!

高価な腕時計で価値を知ってもらえるか?

お子様にも物の価値を知ってももらう為に
高価な腕時計にしようか?
その方が大事にしてくれるかもしれない・・・。

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが子供って意外と高い、安いは
関係ないようです。

中には高価な時計だからと
とても大事にしてくれるお子様も
いるかもしれません。

私の息子は活発な方なので
とても高価な時計を買う勇気はありませんでした。

夏場なんかは
水遊びをしてビチョビチョになって帰って来る事も・・・。

お子様のタイプにもよりますが
遊びたい盛りの小学生の時期は
安くて機能よし!のタイプをお選びになるといいのではないでしょうか。

価値を知ってもらうのは
中学生や高校生になってからでも
遅くはないと思います。

まとめ

小学生になってから腕時計を持たせる事で
時間を意識し、時計の勉強になったり
行動に責任を持つ事ができるようになる。

私は自分の息子からはそれを感じました。

最初は時計に興味がなくても
かっこいいから、かわいいからと
アクセサリー感覚で持たせるのもありだと思います。

そこから徐々に時間を意識し出すかもしれません。

やはり腕時計をして行動していると
先の事も考えて行動できるようになると思うので
オススメだと思います。

時間と責任と自立。
その一歩として
腕時計をプレゼントするのもいいかもしれません。

Posted by MIC