濡れた本は100%元には戻らない?でも試す価値はあり?

濡れた本

雨の日などにうっかり本を濡らしてしまった…

しかも気づいたら、ページがくっついてる。

どうしようもない?

ドライヤーでなんとかなる?

新聞紙を乾かしたことはありますが…本はねぇ。

少しでもいい状態に戻したい時は参考にしてください。

スポンサーリンク

濡れた本は100%元には戻らない? でも試す価値はあり?

 一度濡れてしまったら、完璧に元に戻すのは難しいそうです。

東日本大震災の時、被害に遭った本を救うために

真空凍結乾燥機という機械が使われました。

氷点下40℃まで本を凍らせ、真空状態にして

水分を飛ばすものだそうです。

こうやって大切な本を守られているのです。

でも専門家の人でも100%元には戻らないということは覚えておきましょう。

では、濡れた本が乾いたときにページがくっついた場合、

どうしたらよいでしょうか?

原因はインクが油性だからです。

接着剤のようになってしまうんです。

霧吹きをかけて紙を湿らせます。

それから、ゆっくりゆっくりページをはがします。

ドキドキしますね。

ふやかすように湿らせてがんばりましょう。

少しずついろんな方向からはがすとうまくいきます。

どうしても無理な時は、スチームアイロンも使えます。

熱を加えて紙を離します。

これも様子を見てあまり高温から始めないように注意しましょう。

そして、本を保管する場所にも注意しておきましょう。

湿気を吸いやすく、カビが生える原因になります。

一度カビが生えると他の本にも移ります。

換気のいい場所に置きましょう。

スポンサーリンク

濡れた本の乾かし方にもいろいろ方法はある?

 

濡れた本の乾かした方を紹介します。

  • アイロンで乾かす

濡れた状態がひどくはない時には、まずこの方法で。

タオルで水分をふき、アイロンをドライ低温設定で。

1ページずつ当て布をしてゆっくりアイロンをかけます。

  • こたつ

冬限定だけど…おススメらしいです。

濡れた部分にペーパータオルを挟み、重しになるようなものをのせてこたつへ。

じんわりと水分が蒸発して元に近くなります。

  • ティッシュ

濡れたページにティッシュを挟んで放置。

新しいティッシュに変えながら様子を見る。

キッチンペーパーや新聞紙を挟んでもイイです。

  • 本を凍らせる

冷凍庫に入れるだけというお手軽な物です。

凍った本が解凍した時、濡れているんじゃ?という疑問も。

ブックオフでの成功例としてあったので、

嘘ではないと思いますが。

  • 図書館員がやっている方法

濡れたページにペーパータオルをはさみ、扇風機で風を送る。

タオルを交換し、半乾きになったら重しを置く。

扇風機は、扇形に開いて空気が本に通るように風を送ります。

乾くまで何度か重しを取って、ページがくっつかないように確認します。

スポンサーリンク

図書館で借りた本を濡らした時の対処法

 

公共図書館で働いている人の話です。

直接図書館の人に濡らしてしまったことを伝えてください。

すぐに持っていけるなら、持っていくのが一番。

図書館には水に濡れてもできる限り元の状態を保てる専用の機器があるそうです。

あまりひどくないようなら、これで戻せることが多いです。

もしも他の人に貸し出すことが無理だと判断された場合は

図書館によっては弁償になるかもしれません。

税金で買われて提供されている本ですから、

仕方ないと思います。

誤って濡らしてしまうということはあり得る話なので

正直に伝えることが良いと思います。

図書館が閉館中やすぐに持っていけないようなら

できるだけ丁寧に水分を取る方法を続け

(濡れている部分に髪をはさんで、重しを乗せる)

返すときにはそのことを伝えましょう。

どうしてもシワシワになっていたりすることが多いです。

本を返さずにいるとか黙って返却ポストに入れるといったことは絶対にやめましょう。

図書館の本は貴重な財産です。

みんなで大切に守れるようにしましょう。

中にはかなり大型の本を弁償することになった人もいます。

大きめのビニール袋をいつも用意しておいて

雨が降った時にはそこに入れるという非常手段も取ることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

 

本は大切に長くそばに置きたいもの。

図書館の本はたくさんの人が待っているもの。

雨、飲み物、いろいろ濡れる条件はあるので

十分に配慮して濡らさないように気をつけましょう!

Posted by MIC